自宅の庭で子供とビニールプールで遊ぶ時・購入する時の注意するポイントまとめ

イベント
スポンサーリンク

カナヅチではないですが、泳ぐことが苦手なずんパパです!

毎年暑くなっているような気がする夏!
 

プールに行きたいけど、小さい子供を連れて行くのはちょっと大変ですよね?

そんな時に便利なのが自宅の庭などのスペースで遊べるビニールプールです。

うちも毎年子供とビニールプールで遊んでいます!
 

この記事をご覧の方の中には「初めてビニールプールを買ってみる」という方もいるかもしれませんね。

そんな方に知っておいて欲しい遊ぶ時・購入する時の注意するポイントをまとめて紹介します!
 

このポイントを知っておけば「失敗した!」ということを防げるので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは紹介してまいりましょー!

スポンサーリンク

プールのサイズは自宅のスペースに合うのか確認する

まずビニールプールを購入する時に注意して欲しいのがプールのサイズです。

なんとなく勢いで買ってしまうとダメですよ!(経験済み笑)

プールって意外と大きいんです。
 

最近ではネットで買う方も多いと思うのですが、あらかじめプールを置くスペースの大きさを把握しておき、そのスペースに合うサイズのプールを選ぶのがオススメです!

プールの底にクッション性はあるのか確認する

プールに入ると子供のテンションは一瞬でMAXになります!

ジャンプしたり、暴れたり、キャーキャーします笑
 

そこで注意したいのが、プールの底のクッション性

僕もこれまで3つのビニールプールを買いましたが、2つの底は薄くてクッション性がなかったです。
 

底にクッション性があると子供を遊ばせるのに安心ですよね?

購入前に底がペラペラではないかを確認するのがオススメ!

ただ、購入後に気付いた時は、お風呂で使うようなマットをプールの底に敷くと良いですよ!

プールを置く場所に日光の照り返しがないか?

プールで遊ぶ時に気をつけないといけないのが、日光の照り返しです。

夏の強い日差しが地面からの照り返し、子供は日光が当たってしまいます。
 

特に地面がコンクリートの場合だと照り返しがキツく、子供の背の大きさだととても暑く感じてしまうんです。

熱中症の原因になったり、脱水症状の原因にもなるので注意しないといけません!
 

日光の照り返しのない日陰を作ったスペースにプールを置くのがベスト!

屋根やパラソルで日光を防ぐと良いですね。

自宅に電動空気入れがあるか?

ビニールプールはもれなく膨らまさないといけません!

あなたのご自宅には電動空気入れがありますか?
 

口で膨らませるとプールに入る体力がなくなりますよ笑

そんな時にオススメなのが電動空気入れ!

プールの空気穴にブスッと刺して、スイッチオンでOK!
 

あとは膨らむのを待つだけです。

初めて使った時は簡単すぎて感動しました笑
 

僕らの世代だと、足でシュコシュコ踏むタイプの空気入れを使ったこともある方も多いと思いますが、比にならないくらい楽です!

これは必須レベル!!

プールの底に穴が開くようなものはないか確認する

プールを置くスペースに石や砂利など穴が開くようなものありませんか?

ウチは一度穴が空いて大変なことになってことがあります!笑
 

その原因は小石でした。

マットとプールの間に小石が挟まっていて、そのまま穴が空いちゃっていたんですね。
 

一度穴が空いてしまうと、防ぐことができないので買い換えるしかないことに。。

注意してください!

プールで遊んでいる間は絶対に目を離さない

基本的なことなんですが、自宅でしているという安心感もあってか、ついつい目を離してしまうというママさんパパさんも多いみたいです。

しかし、いくら溺れる心配がない自宅用のプールでも目を離すのは厳禁!
 

しっかり見ておいてあげましょう!

一緒に水着を着て遊ぶのも良いですね!

ご近所に迷惑にならないように楽しむ

子供って2人以上になると、声のデカさは倍以上になりますよね笑
 

楽しいのはわかりますが、あまり騒ぐとご近所さんに迷惑がかかってしまいます。

子供にはあまり騒ぎすぎないように、あらかじめ伝えてプールで遊ばせましょう!

といっても騒ぎますけどね笑

プールの水は早めにはっておく

いくら暑い夏といっても、水が冷たいと子供はテンションが下がってしまい、プールに入りたくないとなる場合も。
 

1番良いのは午前中にプールに水をはっておき、午後から入るとちょうど入りやすい温度になりますよ。

あまりにもぬるい場合は、冷たい水を少し足してあげると良いです!

ちゃんと時間を決めて遊ぶ

子供はおそらく無限にプールで遊ぶっていうと思います笑

しかし、いくらプールに入っているといっても夏の外というのは変わりありません。
 

あまり長時間外にいると子供の体力を奪ってしまいます。

特に小さい1〜2歳の子供は1時間〜2時間くらいを目安に時間を決めて遊ばせると良いでしょう!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!
 

意外と自宅でプールといっても、注意することが多いんです。

安全で楽しく遊べたら最高ですよね!
 
ぜひ今回紹介したポイントを参考に、お子さんとプールで思いっきり遊んじゃいましょう!
 
「自宅の庭で子供とビニールプールで遊ぶ時・購入する時の注意するポイントまとめ」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました