寝つきが悪い原因に!寝る前の子供との激しい遊びはダメですよ!

子供が泣いた時の対処法
スポンサーリンク

子供とベッドでプロレスごっこが好きなずんパパです!笑

子供と一緒に激しい運動や遊び好きなパパさんも多いのではないでしょうか?
 

しかし、寝る前に激しい運動の遊びはダメなんだそうです。

初めて知った時少し落ち込んでしまいました。。

あの時間好きなんだけどな〜笑
 

やはり寝る前に激しく遊ぶと寝つきが悪くなってしまうんです!

僕と同じように激しい遊びを子供としているという方はぜひご覧ください!

スポンサーリンク

寝る前に子供と激しく遊ぶのはいけませんよ!

夜帰って子供の遊びたい気持ちはわかりますが。。

子供が寝る前にあんまり激しく遊ぶことはよくないことなんです!
 

その理由は子供が目が覚めてしまうから!

よく考えると当たり前なんですけどね。。笑
 

うちみたいにプロレスごっこをするのはもちろん、高い高いなどもやめた方が良いそうです。

平日の夜って子供と接する時間が限られているので、パパとしてはツライものですけどね。

中には、子供の寝つきが悪くて、寝る前に子供を運動させてぐっすり寝てもらおうと遊ぶ方もいるかもしれませんね。
 

実は残念ながら興奮してしまうので、逆効果になってしまうんですね。

これらの激しい遊びは子供が寝る2時間前からは控えた方がいいんですって!

なので2時間前まで遊びまくりましょう!笑

子供が寝る前にオススメの遊び方

でも子供と遊びたい!

という方も多いと思います!

僕もです!笑
 

そんな時にオススメの遊び方が2つあります。

それが

    ・絵本を読む
    ・お絵かきをする

この2つです!

それぞれについて簡単に紹介していきましょう!

 

絵本を読む

寝る前の子供とのスキンシップとして定番ですよね?

ベッドで寝ながら読んでもいいですし、起きて座りながら読んであげるのもいいと思います。
 

子供向けの絵本は、読みやすいように文章のリズムが一定なのが多いですよね?

この一定のリズムを聞いていると、子供はだんだん眠くなるんですって!

というか、読んでいる大人も眠くなりますもんね笑
 

ただし!

あまり大声で呼んだり、読む時に抑揚をつきすぎると子供が面白がって興奮して寝つきが悪くなってしまうので注意!

 

お絵かきをする

こちらもオススメの遊びです!

なんでもいいのでお絵かきするのも、子供が寝る前の遊びとしてオススメだそうです!
 

ペンを持って何かを書くということはリラックス効果があり、そのまますんなり寝てくれるんですよ。

まだ上手に絵が描けない小さな子供でも、リラックス効果はあるとのこと。

お試しアレ!

子供がまだ寝たくないという時は?

「いや!まだ寝ない!!」

誰もが経験ありますよね笑

こんな時にオススメの方法があります!
 

それが明日の約束をすること。
 
例えば

「絵本の続きはまた明日読もうね」
「また明日お絵かきしようね」

と、今はもう寝る時間・遊ぶのはまた明日と伝えるということですね。

「明日楽しいことが待っているんだ」と思わせることで、子供は意外とすんなり寝てくれるようになるんです!
 

僕も正直「ほんとかな〜」と思っていました。

この方法を始めると、当然いつも通り寝るのが嫌がっていましたが、続けるようになると今ではすんなり寝てくれるようになってくれました!

今では「また明日ね〜」と逆に言われるように笑
 
皆さんもまずはやってみてください!

スマホやタブレットを見せるのもよくない!

子供ってすごくスマホやタブレットが好きですよね!笑

でも寝る前に見せるのはNG!
 

スマホやタブレットの画面から出ているブルーライトは、日光に含まれている光と同じなので、目が覚めてしまうんです。

当然寝つきが悪くなってしまう原因に!
 

よくスマホやタブレットを子供に見せるという方は、先ほど紹介した、絵本を読んであげる、お絵かきをするように切り替えることをオススメします!

うちはどうしてもぐずっている時は、最終兵器として利用してます笑

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは今回の内容をサクッとまとめましょう!
 

・寝る前の激しい運動はダメ!
・オススメは絵本かお絵かき
・寝ない時は明日の約束をしよう
・寝る前はスマホやタブレットは見せない方が良い

 
特にパパさんは、仕事から帰って子供の顔を見ると、ついついいっぱい遊びたくなりますよね笑

でもそこは、ぐっと我慢!
 

休日に平日遊べない分たっぷり遊んであげましょう!笑

くれぐれもケガに気をつけてくださいねー!!
 
「寝つきが悪い原因に!寝る前の子供との激しい遊びはダメですよ!」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました