「イクメン」という言葉が嫌い!言われても少しも嬉しくない!

感じたこと
スポンサーリンク

「イクメン」

だいぶ世の中に浸透している言葉になってしますよね?

そこで、タイトルにもありますが、僕はこの「イクメン」という言葉が大嫌いなんです。

今回はかなり個人的に思うことを書き綴っていますので、お時間があるすごくヒマな時にサラーっと読んでいただければいいなと思います笑

スポンサーリンク

イクメンって何?

イクメンって言葉。

いつから言い始められたんですかね?

TVでも雑誌でもイクメン、イクメンと言っていますが、どんな僕はこの言葉が嫌いです。
 

イクメンって意味としては

「育児に積極的に協力的なパパ」

ということですよね。
 

ここが個人的にすごく引っかかるんです。

もちろん父親として子育ては協力しないといけないと思います。

しかし、父親が子育てに携わる方法って色々あると思うんです。

じゃあ子供の近くにいないお父さんは協力的ではないということ?

僕はたまたま半分在宅なので、平日の昼間に公園に子供と一緒に行ったりもします。

すると公園にいるおば様達から

「あら最近流行りのイクメンね〜!」

とたまに言われますが

(はい?)

って感じです。
 

もちろん公園に行くのは子供のためですけど、だからといって特別他の方に比べて子育てに協力しているぜ!とも思っていません。

例えば単身赴任でお仕事をされているお父さんと僕を比べると、普段直接子どもと関わる時間は僕の方が多いと思います。

ですがだからと言って、単身赴任のお父さんが子供に対して何も子育てをしていないとは僕は少しも思いません。

でも世の中の人ってイクメンかイクメンじゃないか。で分ける人が多い気がします。

その家庭によって父親と子供の形って違うよね!

その家庭によって父親と子供との形って様々だと思うんです。

・在宅で自宅で仕事しているお父さん
・出張が多い・単身赴任のお父さん
・カレンダー通りの休みじゃないお父さん
・働き方改革で育休・産休を取れるお父さん

これ以上書き出してもキリがありませんよね。
 

でもじゃあこの中からみなさんのいうイクメンのお父さんってどれに当てはまるんですか?

みんな家族のために働いているし、今の時代奥さんとしっかり協力して子育てするのは当然です。
 

この中からこの人はイクメン。この人はイクメンじゃないってどうやって決めるんだ!

無責任にイクメンなんていうんじゃねーよ!

って思うんです。

すみません。

ちょっと文章が滅裂になってきましたね。

つまり何が言いたいかというと・・

つまり僕の結論はこれです。

「よその家のものが勝手にイクメンとかいうんじゃねーよ!」

って感じですかね笑
 

人それぞれ、家庭にはいろんなあり方があるし、もちろんそれは奥さんとも話し合っている証拠。

それぞれの子育ての方法があるんだから、他人がその一部分だけ勝手に切り取ってイクメンとかいうんじゃねーよ!

って思います。
 

うーん。。

この僕の考え方自体がひねくれているかもしれませんね笑

でもなんか父親としてはイクメンかイクメンじゃないかで分けられるのは納得しないんですよね。

0か100みたいな。
 

しかもよその人に勝手にその採点をされているのが納得できないんですよね。

女の人は旦那さんが外でイクメンと言われて嬉しいんだろうか。

謎です笑
 

すみません。

今回の記事は個人的に思うことをバーっと書かせてもらいました。

普段は他の方にも役に立てるように情報を発信しているので、もしこの記事しか読んだことがないという方は、他の記事も読んでみてくださいね笑
 

最後までご覧いただきありがとうございました。

早くイクメンとかイクメンじゃないとか言われない世の中になりますように。

僕が細かいことを気にしないようにすればいいんですけどね笑
 

「「イクメン」という言葉が嫌い!言われても少しも嬉しくない!」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました