子供にグミを与えていいのは何歳から?オススメの年齢は3歳がオススメです!

好き嫌い
スポンサーリンク

ガムよりグミ派のずんパパです!
 

子供に初めてあげる食べ物のタイミングって難しいですよね?

意外と迷う方が多いのがグミです。

グミって喉を詰まらせないのか心配ですし、でもパッケージには小さい子供向けのキャラクターが書いてあるし、一体グミって何歳から食べさせてもいいの?と思ってしまいますよね。
 

この記事では子供にグミを与えていいのは何歳からなのか?

そしてグミを子供にあげる時の注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

グミを子供に与えるのは3歳から!

この記事のタイトルにもありますが、子供にグミを与えていいのは3歳から!
 

グミを子供にあげる時に気をつけないといけないのは「喉に詰まらせてしまう」ということ。

そのためにはしっかりグミを噛むことが大切です。

歯の生えるタイミングは子供によってそれぞれですが、3歳ごろになるとある程度揃いますよね?

グミが喉に詰まらないようにしっかりグミを噛むことができます。
 

そして3歳というのはもう1つ理由があります。

それがママやパパの言っていることを理解できるということ。

グミをあげる時に

「しっかり噛んで食べてね」と伝えることができるからです。

1歳や2歳の子供に伝えても、なかなかちゃんと食べてくれる場合って正直少ないですよね。。笑

3歳くらいの子供のなら、なぜしっかり噛んで食べないといけないのかが子供ながらに理解してくれる年齢なんです。
 

歯が生え揃ってグミをしっかり噛む
そしてママ・パパのいうことをちゃんと理解できる

この2つの理由で子供にグミをあげる年齢は3歳からがオススメです!

子供に人気のアンパンマングミも3歳から!

1〜3歳までの子供に絶大な人気を誇るアンパンマン。

嫌いな子供なんて絶対にいませんよね笑

アンパンマンの数あるお菓子の中でも、特に人気なのがアンパンマングミ
 

買い物に行くと必ず売っているのを見かけると思います。

小さい3歳以下の子供もパッケージを見ると欲しがりますよね。

もちろんアンパンマングミも先ほど紹介したように3歳からです。
 

アンパンマングミの公式サイトでもこのように紹介されています。

グミを咀嚼(そしゃく)できることが前提ですので、個人差がありますが、おおよそ3歳以上のお子様が召し上がることを目安としています。
お子様が噛まずに誤飲したりされませんよう、保護者の方がお子様の成長に合わせて与えてあげてください。
また、大人の方もよく噛んで召し上がってください。
引用:https://www.fujiya-peko.co.jp/contact/faq/faq01/s011.html

もし小さい子供がアンパンマングミを欲しがっても3歳以上まで待ってあげてくださいね。

食べさせる時は食べる真似を見せる方法がオススメ!

アンパングミのサイトにも紹介されているように、子供にグミをあげるときは、まずママさんパパさんがもぐもぐしっかり噛んで食べるということを見せて食べさせるのがオススメです。

最初に食べ方の見本を見せることで、ちゃんとグミを噛み切って食べることができるので、喉を詰まらせることを防げます。
 

そして、食べさせるときは一気にあげるのではなく、お皿に2〜3粒くらいに小分けして与えましょう。

子供ってたくさんあげると、口に多く含むことがありますよね?

グミを口の中パンパンに詰め込んでしまうと、喉に詰まらせてしまう可能性が高くなるので、グミをあげるときは少量ずつあげるのがオススメです。

虫歯にも注意してくださいね!

虫歯にも気をつけないといけません!

グミには特に多くの糖分が配合されています。

ほとんど糖分でできていると言っても過言ではないんです。
 

グミを食べ終わった後は水やお茶を与えて、口の中にある糖分を洗い流してあげてくださいね。

虫歯が気になる、もうすでに虫歯があるという子供には、グミを食べさせ終わった後にはしっかり歯磨きをしてあげましょう!

グミにもアレルギーがあるって知ってましたか?

僕も調べるまで知らなかったのですが、グミにもアレルギーがあるって知っていましたか?

それがゼラチンアレルギーです。
 

発症例は少ないですが、低年齢の子供に多く見られ、症状としては

・じんましん
・吐き気
・嘔吐

酷い場合は、呼吸困難になることもあるようです。
 

ゼラチンアレルギーは傾向的に牛乳・卵などで強いアレルギー反応を起こしたことがある子供が起きる可能性が高いので当てはまる方は気をつけたほうがよさそうですね。

初めてグミを子供にあげるときは、慎重に体に変化がないかをしっかり見守ってあげてくださいね。

ハードグミをあげないように注意!

ここ最近で人気急上昇中なのがハードグミ。

僕も大好きでよく食べます!
 

しかし、子供にはあげないように気をつけてくださいね。

ハードグミとは歯ごたえのある硬いグミのことです。

ガムのように長く噛むことができ、ストレス解消にもなると人気のグミ。

有名なのだとドイツ生まれのクマが書いているパッケージの「ハリボー」が人気ですね!

ただ硬いということは、それだけ噛みにくく、子供には向いていません。
 

普通のグミに比べて、喉に詰まりやすいとも言えますね。

ハードグミをあげるときは、最低でも小学生くらいになるまであげないようにしましょう。

グミを買うときはハードグミじゃないかを確認してあげてください!

まとめ

今回は子供に対してグミを与えるのは何歳から?ということで、グミについて紹介させていただきました。
 

おさらいですが、喉に詰まらせないためにも3歳以上の子供にあげるのがオススメです!

しっかり歯が揃っていて、嚙み切れる年齢になったらあげましょう。

他にも紹介したオススメのグミのあげる方法も参考にしてくださいね。
 

あと虫歯は要注意ですよ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

「子供にグミを与えていいのは何歳から?オススメの年齢は3歳がオススメです!」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました