2歳の子供が氷を食べたがる!たくさんあげても大丈夫なの?

子供の変化
スポンサーリンク

「こおりちょうだい〜!」

我が家の2歳の子供は氷を食べるのが大好き!

家ではもちろん、外にご飯を食べにいった時も絶対に氷を食べようとします
 

といっても、氷って体を冷やしそうだし、あまり氷をあげすぎるのもなんとなくどうなんだろうということで、調べてみました!

すると、子供が氷が欲しがるときは病気のサインの可能性もあるとわかりました。

ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

子供は氷の食感や温度を楽しんでいる!

子供が氷を欲しがるの1番の理由は食感や温度を楽しんでいるからです。

確かに、氷をボリボリと食べるのって気持ちいいですよね。
 

さらにひやっと口の温度が冷えるのも子供にとって気持ちよく感じるとのこと。

子供が氷を欲しがるのは、決してお腹が空いているのではなく、氷の食感や温度の変化が面白いからなんでしょうね。

でも氷のあげすぎはいけません!

子供への氷のあげすぎには注意!

やはり子供に氷をあげすぎるといけません!

氷は当然体を冷やしてしまう効果があります。

たくさん食べてしまうと、体温が下がりお腹も冷えてしまい、下痢の原因に。

さらに硬いものをたくさん食べてしまうと、まだ歯が弱い2歳くらいの子供は歯が弱ってしまう場合も。

1〜2つくらいあげるのは良いですが、あげすぎには注意!

あまりにも氷を欲しがるときは病気の可能性も!?

最初にも紹介しましたが、子供はあまりに氷を欲しがる場合は病気の可能性もあるんです。

これは僕も知らなくてびっくりしました!

病気の名前は「氷食症」

症状は氷を食べたくて仕方なくなったり、貧血や寝つきが悪くなったりしてしまうんです。

実はこの氷食症の原因は詳しくわかっていないんだそうです。
 

その中でも1番有力視されているのが「ストレス」

子供って感受性が高く、ストレスを感じてしまうことも多いんです。

日々のストレスが原因で氷食症になってしまうんですね。
 

子供が氷をよく欲しがっている時に、顔色が悪い、体がだるそうな時は一度小児科へ受診することをオススメします。

ちなみにこの病気は子供に関係なく、大人もなる場合もあるので気をつけてくださいね。

氷の代わりにアイスをあげるのもよくない!

氷がダメならアイスでいいんじゃない?

と思ったのですがもちろんこれもダメです笑

アイスも体を冷やしますからね。
 

というかなんでもあげすぎはいけませんね。

気をつけましょう。

まとめ

今回は子供が大好きな氷について紹介しました!

氷のあげすぎは子供によくありません。
 
冷え性や下痢の原因になります。

さらにあまりにも子供が氷を欲しがると、病気である可能性も

子育てしていると本当にいろいろ知らないことがたくさんあるなぁ〜と実感します。

またいろいろ調べて発信していきたいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!
 
「2歳の子供が氷を食べたがる!たくさんあげても大丈夫なの?」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました