子供とカラオケに行く時の10の注意点!何歳から行ってもいいの?

おでかけ
スポンサーリンク

歌うの大好きずんパパです!

ストレス発散といえばカラオケですよね。
 

子育ては楽しいといえども、ストレスは溜まってしまいますよね。。

「たまにはパーっとカラオケで歌いたい!」

そんなママさんパパさんも多いのではないでしょうか?
 

うちは何度か子供をカラオケに連れて行ってますが、やはり行ってみないとわからない部分もありますよね。

今回はぜひ知っておいて欲しい!子供とカラオケに行く時の10の注意点を紹介します!

覚えておいて損はないことなので、最後までご覧ください!

スポンサーリンク

子供は何歳からカラオケに連れて行っていいの?

まず気になるのが、子供って何歳からカラオケに連れて行って良いのかということですよね?

調べてみると、「〇〇歳以下は禁止」というカラオケ店は見つかりませんでした。

つまり0歳から連れて行ってもOKということですね。
 

ただ個人的には2〜3歳くらいの頃から子供をカラオケに連れて行くことをオススメします。

後ほど注意点を紹介するのですが、カラオケって大きな音が出るし、怖くて泣いちゃう子供もいると思います。

小さい子供は大きな音にびっくりしてしまうこともありますからね。

カラオケデビューのオススメは2〜3歳です!

子供とカラオケに行く時の10の注意点

それでは実際に感じた子供とカラオケに行く時の注意点を紹介します!

「何があるかな〜」と考えた時になんと10個もあったのに驚きました笑

まだ子供とカラオケに行ったことがない方も、よく行く方も、ぜひ参考にしてくださいー!

広いカラオケルームを選ぶ

子供はとにかく動きたがりますよね?

とくにカラオケのような個室だと、防音もしっかりしているので子供にとっては騒ぎ放題。

そんな時狭い部屋だと激しく動き回ってテーブルなどにぶつかってしまう可能性が。
※経験あり笑
 

カラオケの部屋を選ぶときは、なるべく広めの部屋を選ぶようにしましょう!

最近では、キッズルームみたいな子供いる方専用のカラオケルームがありますからね。

滑り台や積み木などもある部屋もありました笑

大きな音に設定しない

大きな音で歌いたい!

という気持ちはわかりますが、まだ子供の耳は成長途中。

大人の耳に比べると、音に敏感なので音量はできるだけ小さめにしてくださいね。

学生時代に設定していた音の半分くらいまで抑えてくださいね笑

最初物足りないと思いましたが、慣れれば気にせず歌えますよ!

部屋の照明を暗くしない

カラオケをする時に部屋の照明を暗くする派の人っていますよね?

僕もそうなんですが、実際に暗くすると子供が怖がってしまいます

そりゃそうですよね。。
 

部屋の照明は明るめ!

その方が子供の行動もちゃんと見えるのでオススメです!

フリータイムにしない方が良い!

ついついカラオケに行くと、お得に時間を気にせずに済むフリータイムを選びがちですが、それはオススメしません。

子供は急に体調が悪くなる可能性もありますし、帰りたいとぐずってしまうこともあります。

そのまま放っておいて自分達だけ歌うなんてことはあり得ませんからね。

フリータイムにしていると、結局時間料金にしていた方がお得だった。。となることもあるので、子供とカラオケに行くときは、あらかじめ何時間くらいにするかを決めておきましょう!

個人的には2時間くらいがちょうどよくてオススメです。

タオルは複数枚準備する

カラオケといえば、飲み物がフリーなところも多いですよね?

子供にジュースがあることを伝えると、

「ジュース!ジュース!」

という状態に。
 

ただ、カラオケでは100%といってもいいほど、子供はジュースをこぼします。

これは経験則ですが。。

持っていくタオルは複数枚
そして念のために、Tシャツなどの着替えも準備していると良いですね。

持ち込みが可能か確認する

子供がぐずった時に助かるのが、お菓子ですよね?

カラオケのメニューを頼むのもいいですが、中には割高のものもあるし、できれば持ち込みが可能なら助かるという方も多いはず。

でも意外と検索してみると、持ち込みOKのカラオケ店も多いんです。

中には「小さい子供さんのおやつくらいなら全然持ち込みいいですよ〜」と優しいカラオケ店もありました。

カラオケに行く前に確認しておくといいですね!

夜に行くのは避けた方が良い

中には夜にカラオケに行きたいという方もいるかもしれませんが、オススメしません。

夜のカラオケって若い子も多くなりますし、夕方にかなり酔っ払っている人も実際に見かけたことがあるので子供を連れて行くのはダメではないですが、オススメではないですね。

逆にオススメなのが、早めにお昼を済ませてお昼寝の時間までカラオケに行くということ。

カラオケの部屋でしっかり疲れてくれるので、ぐっすり昼寝をしてくれますよ。

除菌対策は必須

注意して欲しいのが除菌!

カラオケルームってとても菌が多い場所だと言われています。

例えば風邪が流行っている時に、風邪を引いた方が使った後の部屋にはウイルスが蔓延している場合もありますよね。

あとは喫煙ルームしか空いていない可能性もありますね。
 

そんな時には除菌スプレーやウエットティッシュでしっかり子供が触るものと、子供の手を除菌することで、予防ができます。

これは本当にオススメです!

最近は空気清浄機を置いているカラオケも増えてきていますけどね。

子供から目を離さない

これは当たり前なのですが、子供から目を離してはいけません。

実際にあった話なんですが、カラオケに行った時にトイレに行く途中で迷子で泣いている小さい子供を2回見つけたことがあります。

自分が歌うことに夢中なんでしょうか?

たとえ1人でトイレに行ける5歳くらいの子供でも、カラオケって迷路みたいに入り組んでいることも多いし、迷子になる確率は高いですよね。

部屋からは絶対に子供だけで出したらダメ!

子供も知っている歌を歌ってあげましょう

子供はある程度カラオケの部屋で遊ぶと、飽きてきます。

そんなときは子供も知っている歌を歌ってあげましょう!

普段子供が見ているアニメの主題歌でもいいですし、教育番組の歌もありですね〜
 

僕がオススメなのが、オリンピック応援ソングにもなっている「パプリカ」です!

これは子供も歌いやすいですし、踊ってくれます。

ただ1つ注意点が。。

子供が気に入ってしまうと、何度もリピートを要求されるので気をつけてください。
(5連続パプリカ経験あり)

カラオケはストレス発散にオススメ!家族で楽しもう!

カラオケで歌うと

「あ〜スッキリした!」

とストレス発散が実感できますよ。

ママさん・パパさんはスッキリするし、子供も楽しいので家族全員がハッピーになれる場所です!

ぜひ今回紹介した注意点を踏まえて、家族みんなでカラオケを楽しんでくださーい!
 
最後までご覧いただきありがとうございました!
 

「子供とカラオケに行く時の10の注意点!何歳から行ってもいいの?」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました