マクドナルドのおもちゃリサイクルは子供の教育にとても素晴らしいと思う!

おでかけ
スポンサーリンク

週に一回以上はマクドナルドを食べているずんパパです!

今まで食べてきたポテトの本数は1万本を超えていると思います笑
 

そんな3歳の我が子もマクドナルドが大好き!

と言っても、ほとんどハッピーセットのおもちゃ目当てみたいなところもあるんですけどね。。笑

そこで最近マクドナルドに「オモチャ回収BOX」なるものがあるの知ってましたか?
 

僕はこの前友達家族とマクドナルドに行った時に初めて見たのですが、そのリサイクルがとても子供の教育にいいなぁ〜!と思ったんです。

利用したことがない、知らなかった!というママさん・パパさんは一度利用してみてはいかがでしょうか?

子供にわかりやすくリサイクルや環境問題について教えることができると思います!

スポンサーリンク

ハッピーセットのおもちゃって家にたまりますよね

ハッピーセットのおもちゃがたまる
箱にたくさん詰まっている

これ子供あるあるじゃないですかね?笑
 

ハッピーセットのおもちゃってクオリティが高いし、毎回新しいおもちゃのシリーズが出るというCMを見るたびにうちの子供も興奮して

「ハッピーセット!ハッピーセット!」

とテレビに向かってジャンプしながら叫んでいます。
 

でも1つ問題が。。

子供って飽きやすいですよね?

ハッピーセットのおもちゃがどうしても溜まってしまいます。

これはマクドナルドさんが悪いのではなく、子供は何でも飽きやすいので仕方ないんですけどね。

新しいおもちゃがあると、1〜3日めちゃくちゃそれで遊ぶんですけど、飽きると放置!
(うちだけなのかな。。笑)

まだうちの子供はハッピーセットを買い始めて半年くらいなんですが、このままのペースで買っていくと1年後おもちゃ箱はどうなるのか心配です。。

マクドナルドのハッピーセットリサイクルプロジェクトとは?

そんなお家に眠っているハッピーセットのおもちゃをリサイクルしてくれるのが、マクドナルドのハッピーセットリサイクルプロジェクト!

店内に専用のポストが設置されています。

そこに遊ばなくなったおもちゃを入れるだけ!
 

2018年から始まったキャンペーンですが、初回では約127万個のおもちゃが集まったそうです。

その集められたおもちゃはマクドナルドで使われるトレイにリサイクル。

これがとても子供の教育に良いと思ったんです!

マクドナルドのハッピーセットリサイクルプロジェクトは子供の教育にとても良い!

僕はマクドナルドのハッピーセットリサイクルプロジェクトを知ったのは、つい最近。

いつもドライブスルーなので店内に入ることはないのですが、ある日友達家族と一緒にマクドナルドで軽くランチをすることに。

すると、友達の子供(小学1年生)が袋にいっぱいのおもちゃを持って来店。
 

「???」

と思っていると、店内のマクドナルドのハッピーセットリサイクルプロジェクトの専用ポストにおもちゃを投入。

すると、店員さんに塗り絵をもらっていました。

僕はその時初めてマクドナルドのこのキャンペーンについて知ったんです。
 

友達と話していると、遊ばなくなったおもちゃは新しくマクドナルドで使われるトレイになるとのこと。

実際にお店にも緑色のトレイが置いてあり、そのトレイがおもちゃをリサイクルして作られたんだとか。

そのトレイを見てみると

「僕はハッピーセットのオモチャから、うまれたよ!」

との文字が。
 

このようなCMも流れていますね。

 
友達曰く、子供に初めてリサイクルの仕組みを教えることができてよかったとのことです。

たしかに、普通の家庭ゴミで出る缶やプラスチックもリサイクルされているんでしょうけど、大人の僕らでさえ一体何にリサイクルされているかわかりませんよね?

マクドナルドのように

遊ばなくなったおもちゃがトレイに変わった。

と実際に体験して目で見ることで、ちゃんとリサイクルの仕組みを教えることができるのか。

さすがマクドナルドだ!
 

環境破壊やリサイクルはこれから全員が考えていかなくてはいけませんし、特に日本の「もったいない」という言葉は

「mottainai」として世界でも通用するくらい、無駄をなくそうという世の中になってきています。
 

使わなくなったものを新しく使えるものにする。
リサイクルが体験できる。

マクドナルドのハッピーセットリサイクルプロジェクトはとても子供の教育に良いと思いました。

うちの子供にはまだ早いですが、小学生になった頃にはぜひ一緒にやってみたいなと思います!

リサイクルサービスをしているのはマクドナルドだけではない

調べてみると、このように使わなくなったものをリサイクルするのは、マクドナルドだけじゃないようです。

その代表例が「服」です。
 

ファストファッションブランドのH&Mやユニクロ・GUなども

「着なくなった衣類の回収ボックス」を店内に設置しています。

キレイだけど小さくなってしまって着れなくなった服などは難民キャンプに寄付されたり、多少汚れがある服は廃棄物固形燃料としてリサイクルされるようです。

このようなリサイクルサービスを調べるきっかけにもなったのでよかったです!

是非皆さんも活用してみてください!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。
 

いや〜改めてこの記事を書いて環境のことについて考えないといけないなと思いましたね。

でも環境問題って難しいし、子供に説明するってなるとさらに難易度は上がってしまいます。

そんな時にオススメなのが、マクドナルドのハッピーセットリサイクルプロジェクト!
 

子供って実際に体験したことはよく覚えてますし、これはいい!と心から覚えました。

これを機にうちも何か使っていないもので、リサイクルできるものがないか調べてみよーっと!
 
「マクドナルドのおもちゃリサイクルは子供の教育にとても素晴らしいと思う!」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました