子供のスポーツドリンクの飲み過ぎはダメ?糖分がたくさん入っています!

子供の病気
スポンサーリンク

汗をかいたとき
熱中症予防に
体が疲れているとき
風邪をひいているとき

そんなときに万能なのがスポーツドリンクですよね?
 

うちの母親なんか熱があるときは

「点滴よりもポ○リを飲みなさい!」

といって大量のスポーツドリンクを買ってきます笑
 

ただ子供はスポーツドリンクを飲み過ぎたらいけないって知っていましたか?

今回はスポーツドリンクについてご紹介させていただきます!

意外と知らなかったということも多いと思うので、ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

スポーツドリンクには糖分がたくさん配合されている!?

まず僕がびっくりしたのがスポーツドリンクには糖分が多いということ!

僕も奥さんもこのことを聞いてびっくりしました。
 

あるスポーツドリンクには500mlにつき角砂糖5〜6個分の糖分が入っているものもあるそうです。

僕の母親とたまたまスポーツドリンクの話をしていると、僕が2〜3歳の頃、熱が出たときにたくさんスポーツドリンクを飲ませて、大量の虫歯になってしまったという話を初めて聞きました。

それだけ糖分がたくさん入っているということですね。

この糖分が子供にスポーツドリンクを飲ませ過ぎないように気をつけないといけない理由なんです。

飲み過ぎは糖尿病になるリスクも!

紹介したように、スポーツドリンクには糖分がたっぷり配合されています。

飲みすぎると虫歯になってしまいますし、糖尿病になる恐れもあるんですよ。

これは大人の話なんです。
 

つまり大人も糖尿病になるということは、体の小さな子供はさらに糖尿病のリスクがあるということですね。

特に子供は甘いものはゴクゴク飲んじゃいますよね?

飲ませることは良いことですが、飲ましすぎに気をつけてあげましょう!

子供にスポーツドリンクをあげるときは2倍に薄めるのがオススメ!

飲ませすぎは良くないといっても、汗をかいた子供には水分を取って欲しいし、スポーツドリンクには糖分の他にも熱中症予防になるミネラルや塩分も配合されています。

そんなときにオススメの方法が、お水で薄めるということ。

これから誰でも簡単にでき、糖分も薄めることができます。
 

うちはいつも2倍を目安に水で薄めてから子供に飲ませていますね。

よかったら参考にしてください!

スポーツドリンクは水筒に入れてはいけないって本当!?

スポーツドリンクは水筒に入れてはいけない

こんなこと聞いたことありませんか?
 

実は過去にはスポーツドリンクを水筒に入れたことが原因で、中毒症状が発生した例もあるとのこと。

ただこのときは、もともと水筒の内部が破裂しており、そこからスポーツドリンクに銅が溶け出して、中毒症状が起こったそうです。

基本的には水筒の内部はコーティングされているので、基本的にはスポーツドリンクに金属が溶け出すということはないと言われています。
 

しかし、スポーツドリンクに配合されている塩分が内部の金属を痛めてしまう原因になる可能性もあるようで、それが気になる方は、フッ素加工がしっかりされているスポーツドリンク専用の水筒も発売されているのでチェックしてみてくださいね。

熱中症予防には果物と塩がいい!

今回はスポーツドリンクについて紹介しましたが、オススメの熱中症予防方法があります。

それが果物に塩をかけて食べるということ。

塩分と糖分の両方をとれることができるので、熱中症対策にもってこいなんです!
 

果物と塩と聞くと

スイカと塩

のイメージがありますが、

メロンやパイナップル、キウイなど試しましたけど、結構いけましたよ笑

子供も果物ならたくさん食べてくれますしね!
 

ただウチは、毎日果物買う余裕がないので、たまにです。。笑

余裕がある方は毎日食べさせてあげてください!

まとめ

それでは今回のまとめ!

・スポーツドリンクは糖分が多い
・飲み過ぎは糖尿病、虫歯のリスクあり
・オススメの方法は果物に塩

こんなとこでしょうか?
 

体に良いと思いがちなスポーツドリンクですが、飲み過ぎはよくありません。

熱中症を予防するつもりが、新たな病気になってしまう可能性も。

皆さん気をつけてくださいねー!
 
「子供のスポーツドリンクの飲み過ぎはダメ?糖分がたくさん入っています!」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました