子供の夜泣きはママだけの担当じゃない!パパが手伝えること!

子供が泣いた時の対処法
スポンサーリンク

「夜泣きの時にちょっとは手伝ってよ。。」

奥さんが連日の子供の夜泣きに疲れて、こんなこと言われたことありませんか?

僕はあります。

でも「そう言われても何をしていいのかわからない!」というパパさんも多いはず。

僕もそうです。

そこで何か手伝えることがないか!と思い、いろいろ調べると手伝えることってたくさんあったんです!

今この記事をご覧のパパさんは、奥さんの夜泣きの負担を少しでも軽くしたいと思っている方ですよね?

ぜひ参考にしてください!

子供の寝かせつけをするときにオススメの方法はこちらで紹介しています!

奥さんが夜に急に外出!パパにオススメの子供の寝かしつける方法を紹介!

スポンサーリンク

子供が夜泣きをしているときにパパが手伝ってあげれること!

 

その1 ママの代わりに子供を抱っこをしてあげる

夜泣きをした時は、抱っこをして子供を揺らしてあげるだけと考えるととても簡単に思いますが、ママさんにとってはこれが本当に大変なんです。

夜中に何度も起きて、長時間抱っこするなんてそりゃ疲れますよね。。

しかもママさんはパパよりも力が弱いし。。

そんな時に、パパが少しでも抱っこをしてあげると絶対奥さんは助かるはず!
 
ただし、夜泣きをしている時にいきなり抱っこしても子供は泣き止まないので、普段から抱っこして「パパの抱っこ」に慣れさせておくと良いですね!

調べていると意外と寝かしつけが上手なパパさんも多いみたい!

 

その2 ママのサポートをする

抱っこをしても、子守唄を歌ってもパパだと全然泣きやまない時があります。

これはもう仕方がないですね。笑

そんな時は、ママのサポートをしてあげましょう!
 

    「ミルク温めようか?」
    「オムツ用意しようか?」

など、ママが子供を抱っこしながらできないことをサポートしてあげましょう!

夫婦で協力して子供の夜泣きを乗り越える作戦ですね笑

 

その3 ママに感謝の気持ちを伝える

 
これは手伝う方法ではないですが、すごく大事だと思います!

正直ママさんもできることなら夜はしっかり寝たいはず。

でも子供のために夜中に起きて面倒を見ているんです。
 

夜泣きが落ち着いて、子供が眠りについたら奥さんに

「ありがとう」と伝えましょうね。

次の日の朝でもいいと思います!
 

男性は照れ屋の人が多いので、なかなか感謝の気持ちを伝えれる人が少ないと思いますが
(僕もです笑)

頑張って伝えてください!

子供の夜泣きに気付くためにできること

疲れていて夜泣きに気付かずになかなか起きれない。

そうですよね!

夜泣きを手伝おうと思っても気付くと朝だったなんてことはよくあることです。

気持ちわかるんですけどね。。
 

そんな時にオススメの方法は、

「子供が夜泣きしたら起きる!」とママに伝えるということ。

宣言して意識することで、寝ている時もどこかで子供の夜泣きへの意識ができるので、いつも寝ていて気付かないパパさんも夜泣きの時にスッと起きれます。
 

万が一起きれなくても、ママさん的には

「まあ疲れているし、仕方ないか。」

と思ってくれることもあるとか。

こういうと少し卑怯な感じもしますけどね笑
 

でも絶対に奥さんからしたら、言葉だけでも嬉しいはず!

あとは深く眠り過ぎないために、アルコールはほどほどにした方が良いと思います笑

まとめ

夜泣きはママの担当ではなく、パパも手伝うことはできます!
 

この記事を読んで少しでもパパさんが奥さんを楽にさせてあげよう!という気持ちになっていただければ嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。
 
「子供の夜泣きはママだけの担当じゃない!パパが手伝えること!」でしたー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました